若くて美しい女性に男性が惹かれる本当の理由

本能が意識を支配する構造を考察してみる。
  • Archives
  • Categories
  • Archive for 8月, 2014

    社会問題化するほどに

    水曜日, 8月 27th, 2014

    男性はストレスにさらされるとひきこもりがちになってしまい、女性は摂食障害となって食べずにどんどん活動的になっていくという傾向があるようです。この摂食障害にしても、ひきこもりにしても、ここ最近では社会問題化するほどに若者に増えているトラブルだといえるでしょうね。若者たちは、いったいなぜ、こうしたストレス回避行動に出るのでしょうか。ストレス回避行動とは、競争に負けたときや競争に勝つ自信がないとき、また競争に組み込まれるのが嫌なときなどに、そのストレスの影響の及ばない安全な居場所を求めようとする行動のことです。 (続きを読む…)

    ストレスと女性

    火曜日, 8月 26th, 2014

    現代社会はストレスが満載です。女性の場合は、ストレスによって食行動に問題が起こる場合が少なくないようですね。過激なダイエットや過食などの行動を繰り返し、ひどくなると摂食障害に陥ってしまうというようなことはよく聞くことです。男性の場合は、ストレスから逃れようと外の世界に出なくなる場合が多いようなんですね。ひどくなると完全に外界との関係を遮断して自分の世界にひきこもってしまうこともよくあります。女性は競争に敗れて摂食障害となり、男は競争に敗れてひきこもりになる傾向が強いのですよね。ある心理学者によるラットの実験でも、ストレスに対する感受性はオスのほうがメスよりも高く、より強い恐怖を表すという結果が出たようですよ。オスのラットは、短期間の強いストレスには対応できるけど、長期間にわたってストレスにさらされると、周囲に対する関心を失って、視覚や空間知覚記憶さえも低下してしまうことがわかったようです。これに対してメスのラットは、ストレスにさらされても、周囲への関心低下が起こらないどころか、視覚や空間知覚記憶の成績が上昇することもあるようなんですね。

    ストレス回避行動

    土曜日, 8月 9th, 2014

    現代の社会は、まさに格差社会だといわれていますよね。運と才能に恵まれたひと握りの成功者たちが富を支配して、多くの敗者がギリギリの生活を送ることを余儀なくされているという。そして昨今のこの格差社会は、競争に敗れてやる気を失ってしまって、完全に打ちのめされた若者たちを数多く生み出すようになっているのですよね。ニー卜と呼ばれるような若者たちはまさにその典型でしょう。ここ数年、そのような若者たちの多くがカウンセリングを受けるために多くのクリニックを訪れるようになっているようです。でもクリニックを訪れる人は一部でしょうから、多くのニートはひきこもったままなのかもしれません。そのような若者たちは心身の変調を訴えることが多いようです。 (続きを読む…)

    女性の話につき合えるだけの話す技術

    土曜日, 8月 2nd, 2014

    男性は女性とうまく付き合っていきたいなら、最初は最低限の時間でいいので、女性の話につき合えるだけの話す技術や聞く技術を備えておかなければいけないでしょう。例えばカウンセリングの現場では、5分間くらい自分の中の思いのたけを話せば、ほとんどの患者さんは満足するようですよ。だから、5分間くらい女性のおしゃべりにつき合って話を合わせるということを、第一の目標にすればいいかもしれませんね。いつも2時間も3時間も女のおしゃべりにつき合わされるとなると、男はその関係を心地よいものとは思わなくなってしまいますからね。しゃべりが達者すぎる女性に対してある種の恐れをなしていた男性も、まずは5分間くらいでいいと思えば、だいぶ楽になると思います。 (続きを読む…)

    会話が少ないということで不満に思う女性

    金曜日, 8月 1st, 2014

    多くの女性が、男性というのはしゃべることが苦手なんだということをもっと理解してくれれば関係はもっとうまくいくのにと思ってしまいます。会話が少ないということで不満に思う女性は本当に多いですが、別にそれはその男性が冷たいからではないんですよね。もし関係がうまくいっていないのであれば、そのようなことをしっかりとわきまえたうえで、男の会話ぺースを尊重し、そのぺースに自分を合わせていく努力があればうまくいくのではないでしょうか。しゃべらないということを責めても、どうしたらよいか分からないという男性は本当に多いと思います。しかしそのような対応は女性だけがするのではなく、男性ももっとコミュニケーションスキルを磨かなければならないのは言うまでもないことでしょう。 (続きを読む…)