若くて美しい女性に男性が惹かれる本当の理由

本能が意識を支配する構造を考察してみる。
  • Archives
  • Categories
  • Archive for 7月, 2014

    女に合わせて話をできない男はダメ?

    水曜日, 7月 30th, 2014

    ネガティブな感情と結びついた脳活動は、女性では言語を司る大脳皮質に集中していると言われているのです。それとは違って、男性では情動を司る大脳辺縁系の属桃体に集まると言われるのです。多くの男性が感情を表現することが苦手なのは、脳の構造からして当然のこととも言えるわけですね。男性にとっては事実関係を説明するほうが、感情的な表現をするよりもずっと楽なんですよね。感情と結びついた脳をこじあけようとすると、かえって相手を苦しい立場に追い込む可能性もあるわけです。ネガティブな感情を覚えると、男は逆に口数が少なくなっていくのです。脳が閉じてしまうのですね。女は嫌なことがあると、脳が聞いてしゃべりが止まらなくなります。 (続きを読む…)

    女性とつき合いたいけれど、、

    金曜日, 7月 25th, 2014

    多くの男性にとって、ある話題が、別に話す必要がないだろう、と思うようなことなら、その話には積極的につき合いたくないというのが本音なんです。必要がないことを話すなんていうことは、男にとっては時間と労力の浪費だと思ってしまうのですよね。女のように感情のおもむくまま無意味におしゃべりを続けることには何の意味も感じられないし、つき合うだけ無駄だと考えてしまうのですよね。男の脳は基本的には、できればしゃべらずに済ませたい、と物事を考えるように構成されているんですよね。他人に合わせておしゃべりをしなければならない状況が苦痛に感じられるくらい苦手意識を持っている男性も、特に若い層にはかなり多いと言われています。 (続きを読む…)

    女性が話がおもしろい男性を求めるのは何故?

    木曜日, 7月 24th, 2014

    自分のテンポに合わせて付き合っている男性がおしゃべりにつき合ってくれるなら、女にとってそれほどうれしいことはないのですよね。たくさんの女性が、話がおもしろい男性を求めるのは、脳の構造から考えても自然なことなんですよね。しかし、男の脳はもともとそこまでおしゃべりに向いたようにはできていないのですよね。男脳は左右の脳の役割分担が比較的はっきりしているのが特徴だと言われます。物事を論理的に組み立てたり、専門性の高いことを深く追究したりするのが得意なようにできているのですよね。なので、左脳を使って行われる意志に基づく発語などについては、男は女に劣らないのです。逆に男の方が得意でしょう。 (続きを読む…)

    女の脳はおしゃべりが得意

    水曜日, 7月 23rd, 2014

    現代の日本において、男は口が立たなければ、結婚はもちろん、女と知り合う機会すらできないというような時代だとも言われています。中年男であったとしても、ちょいワルといったような口先上手がもてはやされる時代なんですからね。昔は無口な男というのもそれなりの価値が認められたのに、なぜ今はこれほどまでに寡黙な男が敬遠されるようになってしまったんでしょうかね。多くの女性たちは口々に言っています。話がおもしろい男性じゃないとダメよ。一緒に話をしてて楽しい男性が好みなの、などなど。女の脳はおしゃべりが得意なようにできているようなんですよね。特に感情に基づく発語は、男性よりもずっと早くて活発なようです。 (続きを読む…)

    若くて美しい女性が有利な点

    火曜日, 7月 22nd, 2014

    多くの女性たちは、男たちが若くて美しい人を積極的に助けたがるのを、無意識に知っているんですよね。一昔前、男は黙ってサッポロビール、というコマーシャルが話題になりました。当時、いい男はそんなにぺちゃくちゃとおしゃべりをするもんじゃない、という気風があったからあのように人気化したのでしょう。高倉健のように、何も言わずとも背中で語るようなダンディズムが魅力的な男の条件のひとつとしてもしっかりと認知されていたころです。ところが今はもうそのような風潮はまったく廃れてしまいました。しゃべりがうまくて、おもしろく、笑いを取る事ができなければ男も浮かばれない時代になったんですよね。仕事でも口が立つほうが圧倒的に受けがいいというような時代です。 (続きを読む…)