若くて美しい女性に男性が惹かれる本当の理由

本能が意識を支配する構造を考察してみる。
  • Archives
  • Categories
  • Archive for the ‘男と女の特徴’ Category

    年を重ねると性欲が高まる女性

    土曜日, 5月 9th, 2015

    男性の性欲というのは生理的欲求に近いものがあるわけですね。いったん射精してしまえば一時的に解消されるのです。女性は他の動物のように発情期もないので、性欲があっても、ほかのことに意識を向けることで解消されることが多いようです。男性には理解できないところでしょうけど(笑) 男性のように射精するといった直接的な行為をする必要もないわけですから。女性のほうが感情や感覚的な要因で性欲を感じることが多いので、性欲をコントロールしやすいともいえるようですね。オーガスムとは性的絶頂感のことです。性的興奮や快感が絶頂に達したときに起きる身体的現象ですね。性的興奮により極限まで緊張した身体が一気に弛緩することをいう。ちなみにオーガズムは英語、オルガスムスはドイツ語です。セックス時の身体の変化には、興奮期、平坦期、オーガズム期、消退期という4つのサイクルがあるようです。愛撫などにより少しずつ興奮が高まっていく興奮期、その興奮状態が継続する平坦期を経て、いよいよ性的絶頂を迎えるオーガズム期のあと、性的興奮がおさまっていく消退期となるようですよ。でも女性も年を重ねて熟女になってくると、男性に匹敵するような性欲が湧いてくるのかもしれませんね。30~40代を超えて熟女になると、女性ホルモンが現象するので、その関係で男性ホルモンが優位となり性欲が強くなるとはよく言われることですよね。それは熟女の出会い系サイト日記などを読んでいてもよく分かります。本当に心からセックスの快楽を味わえるというのは、女性の場合、そのあたりの年齢からなのかもしれませんね。

    心も体も大人の女になるという事

    土曜日, 10月 4th, 2014

    女の子が初潮を迎えると、自分の身体に起こる変化を不思議に思うようになります。母親や周囲の大人たちが、生理というのは子どもを産むことができる体になったしるし、などというふうに初潮の意味合いを教えてあげることになりますよね。そのとき子どもを産むためにはセックスをすること、セックスをするときには生理の血が出てくる睦という部分に男の人のペニスが入ってくること、などを知ることになることが多いわけです。こういったことは女の子であれば、好むと好まざるとにかかわらず、わかってしまうことなのですね。初潮を迎えたからといって、急に心も体も大人の女になるわけではないですよね。ホルモンバランスも、一気にではなく少しずつ変わっていくわけです。初潮の意味合いを学んだり、乳首などに触れたときの感覚が徐々に変化していくことで、知識に実感がともないながら、だんだんと自分が女であることを自覚していくことになります。周りの大人の女性を見ながら、知らず知らずのうちに女性らしさを学んでいくことにもなるのです。この時期の女性は、体というよりは頭で女になっていくというほうが正確な表現かもしれません。

    男性の浮気セックスをチェックする女性

    火曜日, 9月 16th, 2014

    男性の浮気をチェックするのは女の自己防衛本能なのですよね。女は自分の身を守るために、男のケータイをチェックせずにはいられないのです。ケータイを見れば、いま自分が男をどれくらいひきつけているのかがある程度はわかるわけですから。女は男が自分以外の他の女と隙があればセックスしたいと思っているということはお見通しなんですよね。ケータイは自分の身がどれくらい保証されているのかが一番分かるツールなのです。だから女性にとってケータイをチェックするということは、自分と男とをつなぐ命綱がどれくらい太いのかを確認するという行為になっているわけです。もちろん他人のケータイを勝手に盗み見るのは許されるべきことではないのかもしれません。しかし、そこに浮気を示す証拠があるかもしれないものが存在するのなら、女の脳はたとえ見てはいけないものだとはわかってはいても、見ずにはいられないと思ってしまうわけです。男性としては、自分のケータイの着信履歴は、油断すれば確実に女に見られる脳科学的・生物学的な理由が背景にあるううものと思って覚倍しておいたほうがいいでしょうね。ちょっとでも後ろめたいような履歴は消去して、証拠が相手の手に渡らないように細心の注意を払っておくべきでしょうね。

    社会問題化するほどに

    水曜日, 8月 27th, 2014

    男性はストレスにさらされるとひきこもりがちになってしまい、女性は摂食障害となって食べずにどんどん活動的になっていくという傾向があるようです。この摂食障害にしても、ひきこもりにしても、ここ最近では社会問題化するほどに若者に増えているトラブルだといえるでしょうね。若者たちは、いったいなぜ、こうしたストレス回避行動に出るのでしょうか。ストレス回避行動とは、競争に負けたときや競争に勝つ自信がないとき、また競争に組み込まれるのが嫌なときなどに、そのストレスの影響の及ばない安全な居場所を求めようとする行動のことです。 (続きを読む…)

    ストレスと女性

    火曜日, 8月 26th, 2014

    現代社会はストレスが満載です。女性の場合は、ストレスによって食行動に問題が起こる場合が少なくないようですね。過激なダイエットや過食などの行動を繰り返し、ひどくなると摂食障害に陥ってしまうというようなことはよく聞くことです。男性の場合は、ストレスから逃れようと外の世界に出なくなる場合が多いようなんですね。ひどくなると完全に外界との関係を遮断して自分の世界にひきこもってしまうこともよくあります。女性は競争に敗れて摂食障害となり、男は競争に敗れてひきこもりになる傾向が強いのですよね。ある心理学者によるラットの実験でも、ストレスに対する感受性はオスのほうがメスよりも高く、より強い恐怖を表すという結果が出たようですよ。オスのラットは、短期間の強いストレスには対応できるけど、長期間にわたってストレスにさらされると、周囲に対する関心を失って、視覚や空間知覚記憶さえも低下してしまうことがわかったようです。これに対してメスのラットは、ストレスにさらされても、周囲への関心低下が起こらないどころか、視覚や空間知覚記憶の成績が上昇することもあるようなんですね。

    女に合わせて話をできない男はダメ?

    水曜日, 7月 30th, 2014

    ネガティブな感情と結びついた脳活動は、女性では言語を司る大脳皮質に集中していると言われているのです。それとは違って、男性では情動を司る大脳辺縁系の属桃体に集まると言われるのです。多くの男性が感情を表現することが苦手なのは、脳の構造からして当然のこととも言えるわけですね。男性にとっては事実関係を説明するほうが、感情的な表現をするよりもずっと楽なんですよね。感情と結びついた脳をこじあけようとすると、かえって相手を苦しい立場に追い込む可能性もあるわけです。ネガティブな感情を覚えると、男は逆に口数が少なくなっていくのです。脳が閉じてしまうのですね。女は嫌なことがあると、脳が聞いてしゃべりが止まらなくなります。 (続きを読む…)